好きな人のニオイは気にならない?

体臭もその人それぞれが持つ個性であり、状況によっては魅力というか、武器にも匹敵する要因です。

そう、皆さん良くご存知の“フェロモン”ってやつです。

よくエロい見た目のお姉さんとかに対して「お色気ムンムン」みたいな形容詞を当てますが、あの“ムンムン”っていう擬態語もともとは匂いに対して使う言葉ですよね。

匂い立つ色香。

色気を匂うと形容するものの、実際にはどんなニオイが色っぽいニオイなのか?と考えると、全くと言っていいほど例えられない人が多いのではないかと思います。

たとえばミントのニオイなら「スーッとする香り」とか「清涼感」「爽快感」などが共通認識としてあるはずです。「眠気が覚める」とか「涼しくなる」とか感じる人もいるかもしれません。

チョコレートやバニラエッセンスの香りなら甘いとか、お醤油の焦げるニオイなら美味しそうとか、ニオイは味覚に直結しているものが多いですね。

香水の原料にもされるローズオイルのように花や柑橘類は“良い”とされる匂いの部類に入るものが多いです。

でも植物に限らず自然界には臭いと感じる“悪い”匂いもたくさん存在します。

基本的に人が“悪臭”と感じるニオイは人間にとって害のあるものであることがほとんどです。

これは、生命を危険にさらさないために、危ないものには近づかないように本能的に避けられる仕組みになっているということに他ならないんですよね。

でも人間の場合、どんな匂いだと魅力的なのか?と考えてもピンとこないですよね。

女性ならコロンや香水、もう少しナチュラルにシャンプーのニオイがするとかが好まれるかもですが、これってその人そのものの持つ体臭ではなくて、外から追加されている香りに過ぎません。

男性なんてしばらく前までは汗臭くても当然、みたいな世の中でしたが、今やメンズコスメもあふれている時代。

清潔感がないオトコははっきり言ってモテません。

どんな匂いがしたら好きになるか?というよりも、変に匂いが付いていたら嫌われるのがオチ。
結局のところ日本人は本当に無臭が好きなんでしょうね。

こういうのとは別に“慣れ”というものの一種で、身近でずっとそのニオイにさらされていると感覚が麻痺して、全く匂っていないかのように錯覚することもあります。

無意識下のうちに脳がスルーさせているワケです。

音や人の声についても同様ですが、経験上分かりやすいのはカクテルパーティー効果みたいなこと。
自分にとって必要ではない雑音や騒音をないことにしてたりしますよね。

ただし、匂いの中でも思春期以降の女性の場合、異性のニオイは身近な人の匂いを“臭い”と感じる傾向にあるという研究も。

自分の父親に対して「パパ、なんか臭い」とかって言っちゃうあれです。

このケースは、自分から遺伝的に遠い異性を選ぶ方が生物学的に子孫を残す目的上、望ましいためなのだそう。

自分の父親と同じニオイを持つ個体は、遺伝子情報が似ている可能性があるってことです。

なのでできれば、なるべく似てない遺伝子情報を手に入れてより進化しよう!って細胞の方が勝手に選んでるんだからすごい話。

といってもよほど近寄らない限り、相手の体臭を嗅ぎ分けるのは至難の技ですが。